時計

連絡私達


 電子メール:

藤井 一子 

 
lvncopy@gmail.com

 


 

会社概要



現在の場所:ホーム > 新闻中心 > 最新情報 > バセロンコンスタンチン新しい時計を平面密はめ芸術

バセロンコンスタンチン新しい時計を平面密はめ芸術
時間を追加:2017-01-03 21:01:00


Vacheron Constantin(バセロンコンスタンチン)は2012年ジュネーヴ国際高級時計サロンで初リリースしたM E tiers d 'アートLes Univers Infinisシリーズ。同シリーズの第2セットの腕時計、シャネルスーパーコピー新しいLes Univers Infinisシリーズ腕時計からアーティスト莫里茨・科でオランダリス・埃舍尔の絵で霊感を汲み取って、平面密を象眼のパターンにはめる芸術申し上げて熱烈な礼賛。
この腕時計の文字盤に魅力的で、天使と悪魔の対立が鮮明なコントラストを対照して、象徴意味と美学に満ちている。天使は光の中、悪魔は闇の中、二方は互角に互角。腕時計から摩里茨・科奈さん・埃舍尔「円形の限界」の研究中心からインスピレーションを受けるを採用し、週囲に無限に繰り返し性元素の装飾風格を彫刻、エナメルの彩色上絵と機を巧みに融合時彫り技術、各図柄の上に、巧みで完璧に表現して奥行き感と輝く鏡面効果。
Metiers d 'アートLes Univers Infinisシリーズ発売したこの3つ新しい時計を混ぜた様々な技術、採用した碁盤式平面密はめこむ技術せ震えるような魅力を放つ。また、ルイヴィトンコピー金や真珠母貝象眼細工は今回バセロンコンスタンチン出現のまた1工芸ポイントで、彫刻、彩色上絵を結び付けて、宝石をちりばめエナメルと機刻彫り技術、ダイヤルに作れる幾何学、動感や象徴元素完璧を織り交ぜた錯視画面(trompe l」oeil)。
文字盤の上の赤いや茶色のトカゲや宝石をちりばめ、または氾淡い光り、生き生きとして、優美な。この腕時計からオランダ芸術家の版画『イグアナ』にヒントを得、まぜる四種の古い装飾工芸、画面では表現が真に迫っていて、まるで目。
勇敢なトルコ騎士に、非凡な黄金と真珠母貝象眼細工を描いて、彼らならではの誇りに縦横無尽にダイヤル。黄金と真珠の雌の色が鮮やかで、互いに引き立つして、更に美しくて。
象眼細工はいにしえの装飾技術である。穀は宝石と象牙をアクセサリー箱と家具に象眼。中世のベニスとビザンチン帝国西洋に国家の輸出に大量の贅沢品、上の装飾の白黒幾何模様は黄金、象牙や真珠母貝に象眼木製パネルに組み合わせて、明暗の変化を持って些細な色調。
透過サファイアクリスタル底蓋、くっきりと見える研磨内角、手作りの装飾のムーブメントの側で、エルメスコピー経丸い粒紋の装飾の主板、ジュネーヴ波紋の装飾の桥板や、飾りが優雅な交織機刻彫りの図案のゴールド?振り子陀。