時計

連絡私達


 電子メール:

藤井 一子 

 
lvncopy@gmail.com

 


 

会社概要



現在の場所:ホーム > 新闻中心 > 最新情報 > 文字盤の中央に配置深度探査指針

文字盤の中央に配置深度探査指針
時間を追加:2016-08-26 09:32:48

つや消し処理を経てサテンのチタンケース径を達成55.65ミリ、防水深さ300メートル。また、腕時計は、1つのヘリウムドレンバルブ用潜水中、実現の減圧し、50噚シリーズを採用しろくじゅう年近くの経典の単回転ベゼル設計。ルイヴィトンコピー測深フィルムは非結晶質金属材質を採用。はブランパン主導の研究及びテスト証明:非晶質金属(amorphous metal)の弾性と抗永久変形性能、それを制作測深計フィルムの理想的な材料。それの厚さは鉄の膜の半分、精度は向上している。

また、合金の長期安定は微細な割れ目の形成を避けることができ。しかし、膜体変形のノンリニヤリティの特性は避けられない、ブランパン提出の独創性ソリューションは、ラックと非対称歯歯車を迎え、それによって膜体変形曲線の直線。エルメスコピー毎項X Fathomsて単独で校正して、それによって確保した腕時計測深機能の最大の正確性。ブランパンを詳細に深く研究し、独自の方法を最適化したX Fathoms表項の文字盤表示機能。

文字盤の中央に配置深度探査指針、つや消し黒を背景として色を強め、コントラストとともに、三毛蛍光コーティング十分な水の確保指針熱弁読み性。ちなみに、プラダコピー腕時計は組み合わせて精巧かつ複雑な構造の成形ラバーバンド、それを共有じゅうよんか所の接続部分は、完璧な腕も確保し、確保はいかなる環境条件の下で、水は腕時計の下を経由して接触圧力膜。